北海道旅行でレンタカーを使う

北海道旅行では、空港からは機動力の良い移動手段としてレンタカーを多く使う方がいます。北海道旅行で、レンタカーを使う上での長所・短所に加えて、いつ・どうやって予約すれば良いかをここでは紹介していきます。

北海道旅行で鉄道を使う

北海道旅行を楽しむ場合に、車を運転する機会が無い方は、鉄道を使う事が多くのパーセンテージを占めていると思います。北海道の秋から春にかけての移動は、鉄道が大事な足になってくるので、ここではどんなシーンで使えば良いかや予約方法などを説明したいと思います。

北海道旅行をする際の鉄道切符の手配方法

事前手配をしておく方法

広大な北海道を巡るための移動手段として挙げられるのが、特急や普通列車の鉄道を利用する方法があり、特急の切符は乗車予定日の1ヶ月程度前から手配をしておく事が出来ます。本州から鉄道を使って旅行する場合は、北海道新幹線経由で道南エリアに入りますが、JR東日本・JR北海道を使う事によって乗り継ぎ割引が適用される事から、出来る限りお得に乗りたい場合は、みどりの窓口や旅行会社の窓口で予約・購入を終えておきましょう。 航空機で北海道を訪れる場合は、札幌駅を始めとした、主要駅を起点とする特急の往復切符を購入するのがおすすめであり、片道切符購入よりも割安になる事があるので、特急を長距離で乗る方は利用を考えておいて下さい。

青春18きっぷを利用する

春休み・夏休み・冬休みの長期休みシーズンに使える切符として有名なのは、普通列車に限って使用出来る青春18きっぷですが、こちらの切符は1日あたりが2400円弱で利用可能な点が最大の魅力です。当日であっても、券売機で購入する事が出来ますので、新千歳空港・札幌・小樽といったエリアを移動する場合は使ってみると良いでしょう。札幌近郊以外の路線は、特急列車中心の運行で、普通列車の本数が限られてくる可能性が高い事から、郊外の路線を利用する際は、事前に綿密な行動スケジュールを練っておく必要があります。青春18きっぷは、5回分利用可能な切符で、1日で2人~5人分を使う事も出来るので、友人との旅行にも向いています。